2009年12月13日

インタビュー

現在書店さんに並んでおります雑誌ダ・ヴィンチとニュータイプに、
当方のインタビューが掲載されています。

老舗のアニメ雑誌であるニュータイプさんは良いとして、
ダ・ヴィンチさんから取材の打診があったのは意外でした。
『シュガーダーク』はあくまでライトノベルのつもりですので、
ダ・ヴィンチの読者層の方に受け入れて頂けるかは
少し不安であり、同時に楽しみでもあります。よろしくお願いします。

それとニュータイプさんの方は、通常の取材のほかに
「著者を知るための一冊」という小さなコラムがあります。
好きな本はたくさんあって、その中から何か一冊だけを選ぶというのは
ちょっと難しかったのですが、ニュータイプさんということで
それっぽい作品を選ばせていただきました。

TOJも揃っていないヌルいファンですが、
スニーカーの編集さんたちと飲み会をさせていただいたときに
ザスニの雑誌担当の方とふたりだけで延々トークを繰り広げて
他の人から呆れられるくらいには好きです。

永野先生、(早めの)連載再開をお待ち申し上げております!


  
しかし、
そのコラムの、修正をお願いした部分が何故かそのままで、
『世界』を連呼する変な人に……



マイク・O?
posted by 新井円侍 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック