2010年06月30日

六月総括

 
サッカー日本代表、惜しかったですねー!

世界の強豪たち相手に、とても良い試合を見せてくれました。

激闘を終えて帰ってくる日本代表に、今はただひたすら、「ありがとう、お疲れ様」と言いたい気持ちでいっぱいです。






   




――――――――――――――――――

以下、ニワカがおくる南アフリカWCまとめ。

――――――――――――――――――


何の期待も出来ないチームだった。
正直なところ、出るだけ恥だと思っていた。
下手に勝つより負けてしまったたほうが、苦い教訓になってくれるのではないかとさえ思った。

……以上が、直前テストマッチ終了時点での私の感想である。



南アでの日本の戦い、その総括をする前に、少し、トルシエ・ジーコ監督の指揮下で戦ってきたころのことを振り返ってみたい。12年前、岡田監督が解任された、それ以降のことだ。

アジアカップ二回連続優勝。
日韓ワールドカップでベスト16。
Jリーグ設立から十余年、確かに日本は強くなっていた。
けれど同時に、驕りや、現状への満足のようなものも芽生えつつあったと思う。
アジアでは『勝って当然』。GL突破は出来なくても、ワールドカップには『出れて当然』。
マスコミ受けを第一にしたようなメンバーは闘志や挑戦心を忘れ、言っては何だがどこか勝気に欠けた、纏まりのないチームになっていたと回想する。
2006年、ドイツで大敗したとき、これを期に日本が立ち直ることを期待していた。
オシム氏が新監督になったとき、ドイツで中田ヒデをピッチに大の字にさせた倦怠感が払拭されることを期待していた。

しかし現実では「古い井戸水」理論のもとにチームの世代交代が促進されるようなことはなく、不振の千葉が固定枠を持ち(まぁよく知ってる選手のほうが駒として使いやすかったのはわかる)、アジアカップでは4位に終わり(連覇はともかくシード権喪失は痛い)、オシム監督は脳梗塞に倒れ(でも生きててくれて良かったマジで)、代打として選ばれたのは岡田監督で(他に火中の栗を拾える人がいなかったのかと思った、あのときは)、結局チーム内容に大きな変化は見られることなく、ついでに俺の好きな加地さんは怪我のために代表辞退することになってしまった(シュバインシュタイガー許すまじ)。

そして2010年、現地入りした南アフリカでのテストマッチ4連敗。

……こんな体たらくで、期待をしろというのが無茶というものだ。
ドイツで飲むことになった『苦い薬』がまだ足りないというなら、もう致死量まで煽るしかないだろう。結果として、日本サッカーの人気が地に落ちることになったとしても……。

というわけでカメルーン戦が始まったときには、「あー、なんだかスタメン変更してるな。でもそれで?」という半眼で見ていた。悪い印象が強すぎて、素直に応援する気持ちになれなかったのだ。

そんな中、前半終了間際――松井からのクロスに本田が合わせて先取点を取った。

……何かが違うかも知れない。そう思い始めていた矢先だった。半ば奇策のような本田のワントップに、阿部のワンボランチ。キャプテンは中澤から長谷部へ。ゴールキーパーは楢崎から川島へ。ドイツで一番見たかった松井が右サイドにいる。危険視されていたエトーを長友が封殺している。菌類がベンチに生えている。
何よりまず、チームが良く走り、連動しているのだ。チーム内で足の引っ張り合いをしていたようなどんよりした気配がなくなっている……ように思える。

いやいや、認めるにはまだ早い。期待は裏切られたときが辛いのだ。
まだ後半がまるまる残っている。
ここで相手の猛攻に屈してへたるのが今までの日本。
これを守りきるか、追加点を取って押しきるまでは信じねーぞッ! とか思いつつ緊張のため手の平は汗じっとりな俺。
(も、もしこのまま行ったらWCアウェー初勝利じゃね!?みたいな)

……そして、結果はご存知の通り。
日本は1-0のまま、最後まで集中を切らすことなくカメルーンを完封し。
試合終了後、テレビの中でインタビューを受ける岡田監督に向けて、床に額をこすり土下座する新井の姿があったのだった……。



「勝てば官軍」。
いや、本当に。WC緒戦勝利は本当に凄いことだ。
しかも試合内容が(それまでに比べると)素晴らしい、気迫を感じさせるものだった。
カメ側の内紛とか、相手の油断(そりゃこれまでの試合を分析したら楽勝だと思うだろう)、ぶっつけ本番の変更で上手く行かなかったらどうするつもりだったんだ、といった雑念もあるけれど、とにかく、久しぶりに日本が「チーム一丸」のサッカーを見せてくれたこと、そしてそれがWCアウェー初勝利を納めてくれたことがただただ嬉しい。何年かぶんの憂さが晴れたような気持ちになった。御飯が美味しいです。

でもまだ、WCは始まったばかり。
続く19日、オランダ戦である。
相手はFIFAランキング4位である。ロッペンがいない……のは僥倖だけど、虐殺やむなしといったところ。
しかし、蓋を開けてみると結果は0-1。
まぁ、オランダ側もグループリーグ突破出来るなら無理はしないといった感じで、手抜きとは違うのだけれど怪我やイエローに繋がりそうなプレイもなく、本気ではなかったかな、という部分はなくはない。
しかし、これで得失点差により、デンマークに引き分けでも2位通過。これはかなり大きい。
また、同時に課題もいくつか見えた。
結局得点力不足には変わりなく、ワントップの本田をきっちりマークされると機能停止すること。
押し込まれ、ラインが下がって中盤が開いてしまうこと。
ぎりぎりでのシステム変更のための交代要員の薄さ。
ていうか中村俊は三浦カズや前園さんたちに土下座しないといけないこと。
ボール取ったときの川島さんのドヤ顔がかっこいいこと……などなど。

そして運命の24日、デンマーク戦である。
相手は強豪、でもチャンスは十分ある。
もう期待値MAXで高まりすぎた胸が痛い。試合開始3時間前からテレビの前で全裸待機。夏で良かった。ごめん全裸は嘘。

キックオフ直後、相手オフェンスのスイッチ、こちらの布陣の乱れのため試合は若干崩れ気味に始まった。しかし松井や長谷部がデンマゴールを脅かして流れを変えると、前半15分という早い時間に本田がFKを決める! 体裁きでキーパーを釣って、逆サイドに無回転弾、つえー! 
そして30分、大久保が仕掛けてFKを再びもらう。遠藤が蹴ったら面白いなーと思ってみてたら、壁を避ける見事なコースでネットを揺らした!うおおがっちゃあああ!!……なんかもうテンションがおかしくなってる。多分ちょっと叫んだと思います。近隣の皆様にはこの場を借りてお詫び申し上げます。
その後交代を切って攻勢に出てきたデンマーク、しかしツリオと中澤のCBコンビが放り込みを跳ね返しまくり、長友は脅威の視野と脚力でロンメダールを封じ、バイタルエリアでは阿部が獅子奮迅。
さらに守備だけでなく、攻撃でも意欲が見える。松井が仕掛け大久保が身体を張り、サイドバック二人が隙を見てオーバーラップ、遠藤気迫のダイビングヘッド。このへんが今までの代表と違うところ。

終盤、ちょっとインテンショナル気味なファールでPKをもらってしまったが、ここで川島が気迫を見せる。前半からずっと危険な進入を繰り返していたトマソン、結果として決めはしたものの負傷し、交代枠も使い果たして以後お荷物に。
2-1とされて相手が勢いづき、ちょっと日本ヤバいか、と思ったけれど川島の悔しがりっぷりに応えるように前衛が奮起。大久保がDFを躱して前を向いて本田にパス、クライフターンでデンマーク二人を切った本田、キーパーまでも引き付けたうえで落ち着いて岡崎にアシスト、急に来たボールを岡崎が確実にゴロで決め、3-1に……! 
正直前半の直接PK2本はラッキーすぎたので、こういうセットプレー以外からの得点は嬉しい。失点直後というのもまた嬉しい。
そして、試合終了。
日本はワールドカップにおいて、アウェーで初めて、決勝トーナメントに駒を進めることになったのだった……。

……何故か試合の総括をしてしまった。簡潔にまとめるつもりが。
やっぱり、気持ちよく勝った試合を振り返るのは楽しいものである。
細かいところを見れば、
・守備の要のケアー欠場。代わりに入った奴が大久保にFKあげて遠藤が入れた
・ラッキーなフリーキック2本
・守備主体のデンマークが、得失点差の関係で攻めなくてはならなかった
・というか日本を舐めていた
……などといった要素もあるが、自力でそうした波を引き寄せた結果の、素晴らしい勝利だったと思う。
もう、何の迷いもなく言える。
このチームは、フランスWC初出場以来の12年で、最高の日本代表チームだと。
ありがとう、岡田監督。ありがとう、サムライブルー。ありがとう、サッカー。


……しかし、睡眠不足とその晩の酒席のせいでふらふらしてる翌日以降、眼に入ってくるのはマスコミの浮かれた報道。
岡ちゃんが「目標はベスト4」とか言っていたせいもあるが、新聞のトップ記事やテレビのニュースでは「ベスト4の可能性あり!」とか、「初ベスト8見えた!」とか言っちゃってる。
いや、ちょっと待って。
まったく期待してなかった俺が言うのもなんだけど、はじまる前は3連敗もやむなしって感じじゃなかったっけ。
次の相手はパラグアイ。同じ南米グループで、ブラジルやアルゼンチンといつも鍔迫り合いしてる連中ですよ。しかも向こうも初ベスト8狙いということもあって、次を考えず、全力で襲い掛かってくるだろう。もちろん勝率0とは言わないけれど……(ていうかここまで来たら欲が出て、行けるところまで行っちゃえとも思うのもわかるんだけどさ!)。

そして昨日23時、試合開始。
堅守のチーム同士ということもあり、見ていて胃の痛くなるようなカウンター合戦、そして眼を逸らしたくなるようなクリアーの連続。
さすがにデンマークと違い、この3戦の日本をかなり研究してきたなといった感じ。

・本田にボールを集中しすぎている。読まれてるって。
・川島のファインセーブで命拾い
・玉離れが早すぎて、攻撃に時間をかけられない。イコール守備に体力を削られる。
・遠藤、松井あたりのキレが明らかに悪い。デンマ戦で使い果たしたか。
・FK狙いすぎて流れが止まってる。デンマのアレはラッキーなのに頼りすぎ。
・つか審判の裁定が意味不明。イエローの基準がわからん。
・控えの薄さにお前が泣いた

最後のPKは……誤解を招くかもしれないけれど、「日本にベスト8はまだ早い!」と言われたような気がした。
まぁ、そりゃねえ。
色々な要因はあるとはいえ、「世界のサッカー8強」の中に今の日本が名を連ねていたら、とりあえず「ダウト!」って言いたくなります。さすがに。

(でも駒野母に謝らせたTBSは絶対許さない。)


当然のことながら、トーナメントの初戦はGL1位の国と2位の国がぶつかる仕組みとなっている。今回1位通過したのはブラジル、スペイン、ドイツ、オランダ、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイ、アメリカ。
この中で、2位通過の日本が当たった場合、勝ち目のある国がいくつあるだろうか?
……もちろん組み合わせの妙やチームの出来不出来もあるから、全てが順当通りにいくわけはないのだけれど。でも、今大会だけ見ても、アメリカ以外はすべて1位通過の国が勝っている。だからグループリーグが1位通過出来てこそ、ようやくベスト8を狙えるのだと思う。

そして俺なんかが言うまでもなく、今回岡田ジャパンが達成してくれた「WCアウェー初勝利」そして「WCアウェー初グループリーグ突破」は十分に大きな、立派に誇っていい戦果だ。(自国開催でGL突破できなかったのは、残念ながら今回の南アが初めてらしい……)

……しかし、4年後はどうなるんだろう。
今回のメンバーで残るのは、本田、長友、川島くらいだろうか。
この4年、若手にほとんど経験を積ませられなかったのは次のブラジルWCで大きく響いてくる懸念がある。
特に中澤・ツリオの穴は大きい。最低でも180センチ以上が求められるCB。日本国内で代えを見つけるのは難しいかもしれない。
あと、松井の代わりも厳しいと思う。彼が見せる個人技によるチャンスメークは、日本にはなかなかない物だ。
それからずっと言われてるけど、決定力を持ったFW……。本田一人だけじゃ強豪相手に通用しないのは良くわかったはず。彼を本来のOMFで使うために、決められるFWがもう一枚必要だ。
そして最も重要な、監督はどうなるのか……。

まあでも、後継者問題は山積してるけど、言ってしまえばこれはWC前から言われていたことでもあるわけで。
そんな中、最悪だった状態を覆し、闘志と結束力でこれだけ良い試合を見せてくれたのは、本当に大きかったと思う。
正直お先真っ暗だった日本サッカー界に、大げさではなく光明をもたらしてくれた。
だって8年後、12年後にはきっと、彼らのプレーを見てサッカーをはじめた子たちが代表のピッチに立っているはずだから。

激闘を終えて帰ってくる日本代表に、今はただひたすら、「ありがとう、お疲れ様」と言いたい気持ちでいっぱいです。


――――――――――――――――――

それから、選手たちへ!
※烏滸がましくて、採点なんざ出来ません。

――――――――――――――――――

本田:
「持ってる」って言葉は、イチローさん以外使っちゃいけないと思ってた。
けれど振り返ってみれば、今大会の4得点全部に、何らかの形で彼が関わってる。
本当に「持って」行ってしまった。ボールキープも良いし、ペナエリアでも落ち着いてるし、本当にすごすぎる。なんて24歳。ラスト苦しい時間で、デンマ二人引き連れて右サイドえぐって一人でコーナーにもっていったのは感動した。
これからマスコミの過剰な注目に晒されると思うけど、どうかこのまま持ち続けてほしい。これからもよろしく、本田!

川島:
いや、ドヤ顔さんとか言ってすいませんでした。あんた最高だよ。PK止めた→決められた→地面バンバン!は日本に久しく失われていた闘魂を見せてもらった気分だった。
……正直なところ、川口、楢崎の二大守護神を背後に、相当プレッシャーがあったんじゃないかと思う。でもパラグアイ戦は川島がいなかったらPKまで行けなかった。次も頼むぜ、新守護神!

遠藤:
フィジカルを鍛え、大会に向けしっかり照準を合わせた30歳、これがプロ。そしてあのFKは芸術。そのあとのボール奪取→ダイビングは魂が乗ってた。ドイツで出られなかった屈辱を完全に払った。というか、あのドイツWCの惨敗から今日この日まで、一番代表を支えたのは遠藤じゃないかなあと思う(もちろん川口や中澤もだけど)ので、点を取ってくれたのがなんか凄い嬉しかった。ガチャピン最高ですぞ!

松井:
前大会で一番見たかった人が、今回本田とライン作ってビタリ。ドリブル、パス、プレイがいちいちアーティスティックすぎる。これぞ攻撃の基点。この個人技は今までなかったレベルなんじゃないでしょうか。守備にも参加させるのは明らかにオーバーワーク。バテるのも仕方ない。
職人っぽい顔と雰囲気してるのに、岡崎にケツキックしてるのとか、インタビューの受け答え方とかが可愛いし、最後の駒野を慰めてるのとかは涙なしでは見られない。ありがとう松井!

大久保:
デンマーク戦2点目の潰れと3点目のディフェンス捲いてのパス。ちょっと直接ゴール狙ったときの怖さはないけど、切れ込む潰れ役素敵。叩いてる連中は減点法で見てるんだろうけど、加算法で見たら今これ以上の左MFは見つかりません。
怪我から復帰して、よくやってくれたと思う。ありがとう、大久保!

長友:
あんた走りすぎだよ。エトー封殺。ロンメルダール粉砕。世界でも通用ってレベルじゃねーぞ。
ちょっと前に相手PKエリアでボールおっかけてゴールキックになっちゃったかと思えば、もう自陣のエンドライン守ってる。どんだけ全力疾走してるんだ。
海外でさらに大きく成長してほしい。頼むぜ長友!

駒野:
長友の活躍の前に霞んでるけど、駒野もすごい走るし、長友がクロスを上げるタイプではないので攻撃の幅を広げる意味でも有用。スイッチ出来るし。
PKは……あれは蹴らせる順番かなあ……。
でも、デンマ戦の三点目のとき、貴方が岡崎の後詰にきちんと駆け上がっていたのは忘れない。普通って言ってしまえば普通の、地味なプレイなんだけど、だってあれ後半87分だよ!? 
……思えば加地に代わってからこの4年、代表を外れたことはない。それだけ大事な選手だったってことだよね。どうもありがとう、駒野!

阿部:
オシム前監督の置き土産が、アンカーで大活躍。
今回の守備陣の安定感、集中力が維持出来たのは阿部の献身が大きかったと思う。
欲を言えばもっと攻撃に参加したり、FK蹴るのも見たかったが、深いところに入ってこようとする相手を潰す彼がいなかったらもっと点を入れられていたのは確実。ありがとうアベッカム!
……というかスカパーの解説で涙ぐんでるオシムおじいちゃんに胸がキュンキュンするんですが。何これ恋?

中澤:
日本の双璧、その一。
怪我から復活、引退せずによく頑張ってくれたと思う。ヘディングのせいでパンチドランカーになってないか心配。
思えばシドニーから南アまでの10年間、日本に足りない高さを本当によくカバーしてくれた。ツリオとのコンビは日本の屋台骨であり、ガッツの源泉だった。
本当に今までありがとう、中澤!

田中:
日本の双璧、その二。
本番でもオウンしたらどうしようかと思った。でも実際は跳ね返しまくりで、余計な心配してすいませんでしたって感じ。川島との接触が多かった気がするのはご愛嬌。
高さを要するセットプレーに参加したときも、すぐ戻ってくれてた。
「日本人になったことを誇りに思う」こちらこそ、貴方が日本人になってくれて本当によかった!ありがとう闘莉王!!
……でも中澤もだけど、代わりが見つからないんだよなー。4年後は33歳ですか……(チラッ

長谷部:
新キャプテンとして、分裂直前だったチームをよく引っ張ったと思う。相当大変だったはず。
今大会中はちょおっと怖いシーンも見られたが、遠藤とのコンビで中盤を駆け回った。
何より印象に残ったのは、最後のインタビュー。「ほとんどの選手がJリーグでプレーしてるんで、足を運んで盛り上げてもらいたい」
はい、すいません。Jももっと見ます……でもヴェルディ死亡寸前なんじゃよ……。
あと、敗退後には「もっとこのチームで戦いたかった」と話していて、本当にいいチームだったんだなあ、って感じさせてくれた。そんなチームをどうもありがとう、キャプテン!


――――――――――――――――――


……以上、ニワカがおくる南アフリカWCまとめでした。
六月総括じゃなくて南ア総括ですねわかります。
つーか正直なところこの三日分の原稿をあわせたよりもたくさん書いてる。誰が読むんだこんなの。

日本は敗退してしまったけれど、ベスト8が出揃って、睡眠時間の乱れはまだまだ続くよ!
posted by 新井円侍 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック